千葉でもコンパクトな葬儀のニーズが増加。世間体は大丈夫?

家族葬は千葉だけではなく全国的な広がりをみせています。

なぜなのでしょうか。

その理由や葬儀の実状についてお話ししてみましょう。

■千葉だけではなく家族葬は全国レベル。

千葉に限らず、日本国中どこの地域でも家族葬のニーズは高まっています。

理由はいくつかありますが、最大の要因は高齢化と独居老人の増加、会葬者の高齢化、あるいは減少にあります。

一般葬のような盛大な葬儀は、時間がかかって費用もかさみなす。

その割には、会葬者の年齢も高くなっているので葬儀場まで足を運んでもらうのがたいへんです。

その点で家族葬であれば通夜もあり、「会葬していただける方だけ来てもらう」という気軽なスタイルが取れます。

■少数であれば血縁者でなくても焼香は可能。

家族葬だからといって、家族・縁者だけしか葬儀に参列できないというものではありません。

近くに住む方で、親しい人であれば家族・血縁者でなくても大丈夫です。

告別式などはありませんので、通夜の時間中に焼香に来ていただくことになります。

実のところ、独居の故人でなくても、そのほうが気軽という家族や血縁者が多くなっています。

急な葬儀にも落ち着いて対応するために…http://slism.net/girls/osoushiki-fukusou.html

■経済的なこと、葬儀費用の問題ではなく、千葉でも“家族葬独特の気軽さ”がウケて人気になっています。

千葉でも家族葬はあっという間に定番になりました。

葬儀費用はもちろんですが、手軽さ・気軽さが人気の理由です。

ですから家族葬=世間体が悪いというように心配する必要はありません。

要はコンパクトな葬儀が千葉でもウケているだけです。



Comments are Closed