Archives

now browsing by author

 

千葉で葬儀を行う場合は交通アクセスがいい千葉駅を起点に!

千葉など、故人が経営する会社が居住地以外にあった場合、葬儀はどこで行なうべきでしょうか。

これまでの事例を参考にお話ししてみましょう。

■役員が話し合って決める、大半は千葉で。

会社の規模にもよりますが、これまでの事例では会社の役員などが話し合って、どちらで本葬を執り行うかを決めています。

たとえば取引先が東京と千葉の両方にある場合、千葉と隣接したエリアにもまたがっている場合などです。

会社経営は経営者が亡くなっても継続されるものですから、大半は会社の所在地で取引相手の会社を招いてということになります。

■千葉駅から徒歩圏内の葬儀場を設定。

東京と千葉は、距離的に離れていても交通の便としてマイナスはありません。

たとえば東京の会葬者でも分かりやすく葬儀場にスムーズに来られることを考えると、千葉の駅から徒歩圏にある葬儀場を選ぶと良いでしょう。

駅から5分~8分程度の徒歩圏が理想です。

タクシー利用でその代金が会葬者の出費となる場合は、別途でおみ足代を用意する事例もあります。

■基本は会社のある千葉で本葬を行ない、式場は千葉の駅から徒歩圏にあるところを設定しましょう。

東京と千葉は交通の便では便利に結ばれていますから、千葉駅前や徒歩圏内の葬儀場であれば問題ありません。

場合によっては本葬とは別に、東京でも葬儀を行なうケースもありますが、そこまでの必要があるのは、中堅クラス~大企業の場合です。

千葉駅を起点に式場を選べば滞りないでしょう。

千葉でも広まりつつある「自由葬」。どんな葬儀?

自由葬は千葉だけではなく、全国の葬儀場で対応可能になりました。

とはいえ、一応の規律やルールがあります。

どんなものか、概要をお話ししてみましょう。

■生演奏や合唱など故人の趣味を反映。

故人の趣味やライフスタイルから、残された家族がもっともふさわしいと思う葬儀のスタイルを計画するのが自由葬です。

したがって質問者の問いにあるように、「自由に演出できる葬儀」ということになります。

たとえば音楽が好きな故人であったなら、好きだった音楽を葬儀場に流したり、仲間のバンドや合唱のグループが生前のレパートリーを歌って見送ったりすることもできます。

どんな葬儀にしたいか、生前に書き記しておくことも大切です。

関連記事:死ぬまでに知っておきたい。エンディングノートと遺言書の違い – まぐまぐニュース!

■自由とはいえ演出は葬儀場のスタッフ。

自由葬といっても葬儀場ごとに一応の規律やルールがありますから、すべてが自由というわけではありません。

千葉でもだいたい3割程度の葬儀場が自由葬に応じていますので事前に相談してみてください。

要望を伝えれば、あとは葬儀場のスタッフとコーディネイターが会場の準備を整えてくれます。

複雑で手の込んだ演出よりも、象徴的なプログラムが1つか2つあれば十分です。

■自由葬は故人を偲び、故人を送るもの。

他と違った葬儀をしようなどと、余計なことを考えたり盛り込んだりする必要はありません。

故人の年齢にもよりますが、プログラムを組むときは会葬者の年齢も考慮しましょう。

立食のようなパーティ形式にこだわってしまうと、高齢者などが十分な見送りに心を砕けなくなります。

千葉でも、会葬者からのそのような感想がたまにあります。

象徴的な演出を少し取り込む程度で十分です。

全国で一般的な「火葬式」。費用が安いようですが千葉での相場は?

千葉だけではなく、火葬式は全国どこの葬儀場、葬儀会社でも扱っています。

果たして費用がやすいという理由だけで選択して良いものか考えてみましょう。

■火葬式は千葉でも特別な事情のある方。

火葬式というのは別名で直葬式とも言われています。

いわゆるご遺体の安置場所から火葬場に直葬して、それで故人を弔う式のことです。

通夜、告別式など、一般葬にあるような式次第はありません。

葬儀スタイルの中ではもっとも簡素な式です。

通常は身寄りのない方や経済的に葬儀費用を捻出できない方、自治体が運営する施設で、血縁者のいない方などが亡くなられた場合に利用されています。

千葉でもその辺の事情は同じです。

■火葬式より1日葬を選ぶのが通例。

火葬式は火葬場に行ってご遺体を焼くだけなので数万円~10万円、高くても20万円以内で済ますことができます。

立派な葬儀の1つなので悪くはありませんが、故人とお別れをする時間、弔う時間が取れないのがデメリットです。

たとえば1日葬なら30万円以上の葬儀費用がかかりますが、弔う時間も告別式も組み込まれています。

経済的な理由がなければ、そちらをおすすめします。

■千葉でも1日葬は30万円が相場。

経済的など特別な理由がなければ、火葬式ではなく1日葬をおすすめします。

ご遺族・血縁者がいる場合、一般的には火葬式ではなく1日葬や家族葬が選択されます。

火葬式では故人を弔う時間がほとんどなく、お別れの儀式としては寂しいものがあります。

一度考え直してみましょう。

千葉でもコンパクトな葬儀のニーズが増加。世間体は大丈夫?

家族葬は千葉だけではなく全国的な広がりをみせています。

なぜなのでしょうか。

その理由や葬儀の実状についてお話ししてみましょう。

■千葉だけではなく家族葬は全国レベル。

千葉に限らず、日本国中どこの地域でも家族葬のニーズは高まっています。

理由はいくつかありますが、最大の要因は高齢化と独居老人の増加、会葬者の高齢化、あるいは減少にあります。

一般葬のような盛大な葬儀は、時間がかかって費用もかさみなす。

その割には、会葬者の年齢も高くなっているので葬儀場まで足を運んでもらうのがたいへんです。

その点で家族葬であれば通夜もあり、「会葬していただける方だけ来てもらう」という気軽なスタイルが取れます。

■少数であれば血縁者でなくても焼香は可能。

家族葬だからといって、家族・縁者だけしか葬儀に参列できないというものではありません。

近くに住む方で、親しい人であれば家族・血縁者でなくても大丈夫です。

告別式などはありませんので、通夜の時間中に焼香に来ていただくことになります。

実のところ、独居の故人でなくても、そのほうが気軽という家族や血縁者が多くなっています。

急な葬儀にも落ち着いて対応するために…http://slism.net/girls/osoushiki-fukusou.html

■経済的なこと、葬儀費用の問題ではなく、千葉でも“家族葬独特の気軽さ”がウケて人気になっています。

千葉でも家族葬はあっという間に定番になりました。

葬儀費用はもちろんですが、手軽さ・気軽さが人気の理由です。

ですから家族葬=世間体が悪いというように心配する必要はありません。

要はコンパクトな葬儀が千葉でもウケているだけです。

全国平均60万円!葬儀費用をなるべく抑えるには?

家族葬のニーズは年々高まっています。

さらにコンパクトな1日葬のニーズも堅調です。

家族葬の価格と葬儀費用圧縮についてお話ししてみましょう。

■家族葬は全国平均で60万円が相場。

だいたいの平均値ですが、家族葬は60万円前後というのが相場になっています。

ですから千葉であっても、50万円台の家族葬を探すのは可能です。

さらに50万円以内に葬儀費用を収めたいという場合は、事前に葬儀社に相談してみましょう。

たとえば棺やお花の代金なども、クオリティを下げることで調整できます。

また葬儀会館の空き時間に入れてもらうことで費用をカットできます。

■10万円以上の費用圧縮をどう始末するか。

60万円台が相場の家族葬を50万円以内で収めるということは、10万円以上の圧縮が必要ということです。

圧縮すれば葬儀社の利益が減りますので、どのようにコストカットしてくれるかが心配になります。

発注するときは、見積書を複数社とって、十分に吟味しましょう。

千葉であっても千葉でなくても家族葬はすべての葬儀社が扱っています。

■ご遺体の保管さえ都合がつけば、あとは葬儀社の都合のいい日程にあわせて、その分安くしてもらう方法がベストです。

安くしてもらう方法はいくつかありますが、棺などのレベルのほか、日程を葬儀社の都合にあわせるという手もあります。

家族葬は通夜の時間も取れますので、日程は葬儀社任せで、その代わり格安のものをという方法がいいでしょう。

あらかじめそれを条件に葬儀社と交渉してみてください。